墓じまいとは何なのか

地元に生まれた人がそのまま地元で家庭を持ち、家を継いで一生を終えるという昔ながらの生き方から、地方から上京して就職し、そのまま家庭を持つようになった団塊の世代たちが高齢化するようになると、お墓に対する価値観が大きく変化していきました。
墓じまいとは、そのような流れの中で生まれた概念です。



墓じまいとは、管理を行うのが困難になったお墓や、継承する人がいなくなったお墓を整理することを言います。現在では、地方の墓地には管理や軽傷をされずに放置されたままになっているお墓が増加しており、社会問題になっています。


このようなお墓のことを無縁簿と言うのです。



このことの背景には、地方に住んでいる実家の親たちとのつながりの希薄化や、家を継ぐという価値観が無くなりつつあるなどの要因が指摘されています。
無縁墓を増やさないためにも必要な墓じまいですが、いくつかの方法があります。
一つ目の方法は改葬です。

これは複数の地域に散らばっているお墓を一か所にまとめることを言います。
その方が管理もしやすくなります。


もう一つの方法は、永代供養墓にして埋葬をし直すという方法です。

どちらの方法でも構わないのですが、一回建てられたお墓を墓じまいとして処分することは簡単なことではありません。様々な手続きを必要としますから、自分一人で決めるのではなく、家族間でよく話し合って決めるようにした方が、後々のトラブルを回避することができるようになります。