永代供養の必要性は今後も増大すると考えられます

近年、核家族化と少子化の影響で、従来通りのお墓を建立しても、維持できずに無縁化する可能性が増えています。
また、都会では従来通りのお墓を建立しようとしても、墓地を手に入れる事が極めて困難になっています。

産経ニュースならお任せください。

こうした事を反映して、従来の墓石を建立して眠ると言うのではなく、永代供養を望む人が増えています。
この永代供養は、最初に納骨する際に料金を払えば、無縁仏とされる事無く、文字通り永久に供養を続けてもらえる埋葬方法です。

生前に埋葬契約をする事も可能な為、従来のお墓が維持できにくいと言う理由以外に、子供や孫に負担を掛けたくないと言う思いから、生前にこの永代供養を契約される人も増えているのです。



維持費や管理費は不要で、永久に弔ってもらえると言う永代供養にも、その方法には色々な種類があります。都市型では、ビルの中に設置された遺骨を納める小さなお墓様の碑を永代使用料を一度払って永久に弔ってもらえるものや、共同の供養塔に遺骨を埋葬して永久に弔ってもらうもの、更には納骨堂に遺骨を納めて永久に弔ってもらうものなど様々な形式があります。また、最近では自然葬と言って、死後は自然に戻りたいと言う人も増え、こうした想いに対応する様に、郊外の拓かれた土地に樹木を植え、その下で眠ると言うスタイルもあります。



この樹木葬では、故人が埋葬されている証として、小さな名前を刻んだプレートが設置される事もあります。

時代背景は当分変化する事無く、形式は変化しても、この永代供養の必要性は益々増大すると考えられます。

知りたい情報

いま、墓石をつくらず遺骨を海や山、空などに還す自然葬が注目を集めています。海洋葬はそのうち、海にパウダー状の遺骨を撒くという葬送方法です。...

more

情報分析

地元に生まれた人がそのまま地元で家庭を持ち、家を継いで一生を終えるという昔ながらの生き方から、地方から上京して就職し、そのまま家庭を持つようになった団塊の世代たちが高齢化するようになると、お墓に対する価値観が大きく変化していきました。墓じまいとは、そのような流れの中で生まれた概念です。...

more

葬儀についての考察

少子高齢化が進み、墓守の後継者がいないとき、先祖代々のお墓はどうしたらよいでしょうか。最近は永代供養の合葬墓に移すなど「墓じまい」をする人が増えています。...

more

これからの葬儀

永代供養とはお墓参りができない人に代わって、お寺が責任を持って末長く供養と管理を行うサービスのことをいいます。一般のお墓とは異なり墓石代がかからず、墓地使用料が割安になるので費用が安いといえます。...

more