心残りがないように墓じまいする

少子高齢化が進み、墓守の後継者がいないとき、先祖代々のお墓はどうしたらよいでしょうか。最近は永代供養の合葬墓に移すなど「墓じまい」をする人が増えています。お墓の処分、墓じまいとは、お墓を解体・撤去することで廃墓などとも呼ばれます。

お墓が遠方であっても若い時には車で行くとか、里帰りをかねて親戚との絆を深める機会としたなど心のよりどころでもあったお墓ですが、家の跡継ぎがいなくなってしまうとか、子がいてもお墓の重荷を子に負わせたくない、宗教上、経済上のこと等で維持管理が続けられなくなる理由は様々です。

1人1人に合った埼玉の墓じまいの便利な情報を集めたサイトです。

お墓を継承する人がいなくなり無縁墓になってしまうことを避けるためにも墓じまいは止むを得ないことなのかもしれません。

墓じまいをするには、墓地埋葬法で定められた手続きが必要です。墓地の管理者に連絡し、あるいは親戚と相談して廃墓の了承を得ることから始まります。

後の憂いを少なくするためにも縁者とはよく話をしておくのがよいです。



墓前で、仏式なら僧侶に魂抜き、お墓の閉眼供養をお願いし、遺骨を取り出します。その後で墓石屋に依頼する等して墓地・墓石の解体、撤去処分をし使用していた墓所は更地に戻します。

移転先の墓所の受け入れの証明書をもらい、元のお墓のある市町村で「改葬許可申請書」に必要事項を記入の上、受け入れ証明書を添付して「改葬許可証」を出してもらいます。

お手軽に教えて!gooについて詳しく説明しています。

それを移転先の墓地管理者に提出して改葬することができます。自分が高齢でお墓参りが出来なくなることへの不安や、将来子にお墓の重荷を負わせたくない等の思いをもちながら過ごすのではなく、墓じまい・改葬も先祖を供養するひとつの方法と考えて人生の心残りとならないように整理しておきたいものです。